本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

買い物依存症!?買い物する心理をくすぐる。マーケティング初級編

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍
『ドリルを売るには穴を売れ 』を
ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

ドリルを売るには穴を売れ

著者 佐藤 義典

ドリルを売るなら穴を売れ

ざっくりまとめました。

マーケティングの入門書。

誰でも「売れる」人になる。

マーケティング(・_・;)

マーケティングって

あなたが何かを買うことが売り手にとっての

マーケティングが起きている。

「モノが良ければ売れる」

「味さえ良ければ客はついて来る」

と考え方をしてしまうことが多い。

開発部、職人さんタイプ

お客さまにとっての価値とは…

あなたに工具のドリルを売っているとする。

あなたにとって売り物はドリルだが

顧客にとってはドリル自体ではなく

ドリルが開ける「穴」に価値がある

ドリルではなく
穴の開ける道具を買っている。

マーケティングの理論 

  • 顧客にとっての価値
  • 顧客をわけて絞る 
  • 競合よりも高い価値を提供する
  • 価値を実現するため 
    製品・価格・販路・広告

まとめ

日常の買い物、外食のお店選び
なんとなく選んでだとしても
そこにはちゃんと意味があります。

そこを狙って売り手は
仕組みを作っている。

日常生活の反対の視点なので
面白い本です。

少しでも
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)

¥1,572 (2021/07/24 21:45時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ