本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

嫌いな人を拒絶反応してしまう!知っておきたい自分の行動や対応の考え方!

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍
『嫌われる勇気』を
ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

嫌われる勇気
自己啓発の源流「アドラー」の教え

著者 岸見 一郎
   古賀 史健

自由とは
他者から嫌われるとこである。

嫌われる勇気

ざっくりまとめました。

アドラー心理学とは

他者を変えるため心理学
ではなく
自分が変わるための心理学。

あなたが最初の一歩を踏み出す

他者が変わるのを待つのではなく

状況を変わるのではなく

あなたが最初の一歩を踏み出す。

今の自分よりも
前に進もうとすることこそ、
価値がある。

すべての悩みは対人関係である

他者からの評価ばかり気にしていると

最終的には他者の人生を生きることになる。

他者にどう思われるかよりも先に、

自分がどうあるか貫きたい。

つまり、自由に生きたい

まずは自分

自分が変わったところで

変わるのは「自分」だけ

他者を操作してはいけないし

操作することはできない。

まずは自分。

やるべきことを前にしながら
「やらない理由」を
あれこれひねり出し続ける。

まとめ

自分を変えることができるのは

自分しかいません。

これから何ができるか?を考える。


名言みたいのいくつか抜粋しましたが、

ここにたどり着くまでの

過程の内容が濃い

深くて面白い本でした。

少しでも
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)

¥1,188 (2021/07/31 16:01時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ