本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

文章を書くチカラをつける方法のエッセンスだけ集めました!

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍
『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』 ⁡を
ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

著者 藤吉 豊
   小川 真理子

ペンは剣よりも強し。⁡
⁡⁡⁡⁡⁡「守るコトバを作っていきたい」⁡

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。⁡

ざっくりまとめました。⁡⁡⁡⁡⁡⁡

伝わる文章には「型」がある。⁡

結論を2度書く。⁡

『結論→理由→具体例→結論』⁡

①「結論」ポイント⁡
○○○の結論は○○○です。⁡

②「理由」⁡
なぜならば、○○○だからです。⁡

③「具体例」⁡
実際に、○○○といった事例があります。 ⁡

④「結論」ポイント・まとめ⁡
したがって、○○○の結論は○○○になります。⁡

PREP法 (プレップ法)⁡
「結論を2度書く」から、伝わりやすい。⁡説得力が高まりやすい。⁡

ブログ、SNS、ネット記事、ビジネス、実用向きの書き方。⁡

「型を覚えることが上達の近道である」⁡

文章の書き方、大事な順ランキングBest40

【身につけてほしい7つ】

【1位】文章はシンプルに
【2位】伝わる文章には「型」がある
【3位】文章も「見た目」が大事
【4位】文章は必ず「推敲(すいこう)」する
【5位】「わかりやすい言葉」を選ぶ
【6位】比喩(ひゆ)たとえ話を積極的に使う
【7位】接続詞を「正しく」使う

上達への近道4つ

やっぱり基本はこれ!

【10位】名文を繰り返し読む
【15位】とにかく書く、たくさん書く

【20位】名文を書き写す、真似る
【21位】とりあえず、書き始める

【10位】名文を繰り返し読む

名文のお手本が見つからない場合
・新聞の一面コラム
・ベストセラーとなっている本

【15位】とにかく書く、たくさん書く

ヘタでなんでもいいから、どんどんアウトプットする。
とにかく、量があって初めて質が生まれる。

【20位】名文を書き写す、真似る

名文を多く読む。
名文を書き写し、名文を真似をする。

→名文から学ぶ

【21位】とりあえず、書き始める

「やる気がでない」
「書く材料が見つからない」

一行でもいい。とりあえず、書く。
『今日も雨』、『久しぶりに牛丼食べた』

→思いついた順番で書く。
→つながりは「あと」で考える。

書く機会を増やす、7つの方法

  1. 新聞や雑誌、ネットに投稿してみる。
  2. 日記をつける。
  3. ブログを書く。
  4. ハガキや手紙を書く。
  5. メールへの返信を丁寧に書く。
  6. 映画や演劇、本の鑑賞ノートをつける。
  7. 読んだ小説のあらすじをまとめる。

『書くチカラ』

「書くチカラ」は読み手の人生を変えるほどの大きなチカラを持っている。

「書くチカラ」は時代や環境の変化に左右されにくく
いつでも、どこでも、どのような仕事をしていても役に立つ。

まとめ

どんなスポーツでも、楽器演奏でも
同じことを何度も繰り返すなかで技術が身についてきます。
「文章も同じ」書き続けないとうまくはなりません。⁡

少しでも
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ