本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】アフタートーク

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『アフタートーク』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

アフタートーク

¥1,650 (2022/08/13 15:54時点 | Amazon調べ)

著者 石井 玄



自分の悩みなどどうでもいいと、
生きていてもいいと、
思わせてくれたのがラジオだった。


アフタートーク

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。

無色透明型


あえてタイプに当てはめるとするならば、


「無色透明型」である。



無色透明ということは、
自分の個性が存在しないこと。





番組で言えば、


才能あるパーソナリティやスタッフの
能力を最大限活かすことに注力出来る。



才能のないぼくの個性など
番組においては必要ないのだから、
能力の高い人の力を引き出せばいい。



無色なぼくの利点は、


周りの優秀な人たちの色に染まれること、



逆に、

パーソナリティやスタッフに

足りない部分があれば、

それを補完することが自分の役割となった。

みんなが苦手な部分を

ぼくがやることによって、

その分、才能のある人には

得意なことに時間を使ってもらえる。




何も出来ない。けど、全部出来る。

これがぼくの能力になった。

担当していた番組


担当していた番組に、


ぼくの色の番組はひとつもない。




無色透明なぼくが、

誰かの色に染まることで、

その色をもっと濃くすることが出来る。





もしかしたら

聞いてくれているリスナーの色にも

染まれていたのかもしれない。


才能がない方が良かったか?


「じゃあ、才能がない方が良かったか?」


と聞かれたら、



そんなことは全くもってない。
すべて結果的にうまくいっただけ。


いつだってずっと、天才に憧れている。

まとめ

無色なぼくの利点は、
周りの優秀な人たちの色に染まれること。

オールナイトニッポン

元チーフディレクターのエッセイ。

ラジオへの情熱と無色透明の個性。


少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

¥1,650 (2022/08/13 15:54時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ