本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】一番伝わる説明の順番

  • URLをコピーしました!

この記事は2で読めます。
本文は1115文字です。

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍



『一番伝わる説明の順番』を



ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

一番伝わる説明の順番

¥605 (2022/10/12 12:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

著者 田中 耕比古



たかが説明、されど説明。


一番伝わる説明の順番

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。 ⁡

うまく説明できない人


うまく説明できない人は相手から

「何を言っているのかよくわからない」

「何が言いたいかもよくわからない」

「長々と話していたけど、
つまりは○○ってことだよね」



などと言われてしまうことがあります。

自分の頭の中


多くの場合、

次のことができていないのです。

何を

どの順番で

説明するのか整理できていない。

説明する相手の

理解レベルを意識していない。

自分が

何を言いたいのか決まっていない。




これらができていないまま説明を始めると

相手はもちろん、

自分の頭の中も混乱をきたしてしまいます。





説明が苦手な人は、

相手の頭の中を整理できていない。







この3つをクリアすれば、説明力は上がる。


残念な説明の特徴


残念な説明の特徴

言いたいことがわかっていない。




残念な説明に終始してしまう人は、




自分が何を言いたいか、

どのようにしたら伝わるかを整理できていない





というケースがほとんどです。

自分の言いたいことがわかっていない。

言いたいことはあるけれど、

説明する情報が足りていない。





簡単にいえば、


「自分の頭の中」を整理できていないわけです。


説明上手になるために



池上彰さん戦略コンサルタント



説明上手わかりやすい面白い



と言われるのは、



ほかの人が知らないことを

自分なりに理解しているからです。






伝え方がうまいのと同時に、

その知識を十分に持っていることが大切です。

説明上手への道


説明上手になるためには、

最初にしっかり調べる。

考えている最中に
気になったことも追加で調べる。

なんとなく理解したままで終わらない。



ということが大事なのです。



説明上手への道、

徹底的に調べることから始まる。

まとめ

「何をどの順番で伝えるか」を

変えるだけで、説明力は劇的に上がる。


物事を説明するだけに限らず、


話したり、文章で伝えたりするときに、

話す順番を変えるだけで


伝わり方は大きく変化します。



少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

¥605 (2022/10/12 12:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ