本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【たぱぞう式】つみたてNISA、iDeCoを始めるなら『日本株』より『米国株』カンタン解説

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍



『図解でよくわかる たぱぞう式米国株式投資⁡ 目指せ!資産1億円!』を



ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

図解でよくわかる たぱぞう式米国株式投資⁡ 目指せ!資産1億円!

著者 たぱぞう

⁡⁡⁡⁡⁡⁡

30年後には2500万円。⁡


図解でよくわかる たぱぞう式米国株式投資⁡

ざっくりまとめました。⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡

年金に頼らず、自力で資産運用


毎月3万円を投資。⁡


年利5%で運用できたら。⁡

30年後には⁡

約2500万円になるはずです。⁡



普通に定期貯金すると1080万円。⁡


すべての人が活用した方がいい制度⁡

つみたてNISA(ニーサ)⁡

iDeCo(イデコ)⁡

減税、所得控除 iDeCo(イデコ)⁡ 運用

1,掛け金が全額所得控除になる。

2,運用中は非課税で再投資できる。

3,退職所得控除が使える。

4,差し押さえ禁止財産扱いになる。

5,自動で積立投資が可能。



所得控除が増えれば、所得税や住民税は減る。





毎月1万円積み立て



運用していれば



それだけで年間18000円~66000円の節税になります。



デメリット

原則、60歳まで途中のお引出、脱退はできません


銀行で投資をしてはいけない


銀行は投資する場所ではない。

銀行での投資は手数料が高い。


投資信託の手数料


銀行は最低でも1%高いもので3%


ネット証券0.1~0.2%程度


米国株投資3ステップ


1、楽天カードをつくる。

2、楽天証券に口座を開設する。

3、楽天証券でつみたてNISAを設定する。


【おすすめ商品】

・楽天VTI
(楽天・全米株式インデックス・ファンド)


・eMAXIS Slim 米国株式 S&P500 


・SBI・バンガード・S&P500



信託報酬が抜群に安い!
(商品の管理手数料)



投資が怖いなら


投資が怖いなら⁡


ネット銀行の定期預金から始めよう。


1、ほんとど増えないが、元本割れしない。⁡

2、わずかながら金利の効果を実感できる。⁡

3、ネットで金融商品を購入することの抵抗感を少なくする。⁡



金利は低いですが、普通預金に比べれば

多少なりとも利益が得られる。




金利効果をちょっと実感できる。


なぜ、アメリカが「最高の投資先」なのか?

人口が増え続けている。

・通貨の米ドルが使いやすい。


・勢いある企業が多い。


・投資に関する法整備もしっかりしている。


人口増加が経済を成長させる


人口が増え続けるアメリカ


理由は「移民


そもそもアメリカは「移民で成立した国」

中国は勢いはあるけれど2030年ごろに高齢化社会を迎える。

暴落しても回復が早い


アメリカ経済は暴落しても回復が早い。



数々の不況を経験し、

金融対策を打てるようになっている。




1987年 ブラックマンデー
2001年 ITバブル崩壊
2008年 リーマンショック
2020年 新型コロナウイルス・パンデミック


投資はとにかく「国選びが重要」

まとめ

米国株は
日本株の5倍くらいは⁡儲けるのが簡単。⁡



少しでも
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ