本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】さりげなく人を動かす スゴイ!話し方

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

さりげなく人を動かす スゴイ!話し方

著者 山崎 拓巳


考え続けて、繰り返し話すことで、
相手の心を揺らす。


さりげなく人を動かす スゴイ!話し方

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。 ⁡

みんな求めている時代


あなたをちゃんと見ていますよ!
ということを伝えるだけで



「自己肯定感」がアップします。



「お金や名誉」を大切にする時代から、

「誰かの役に立ちたい」を優先する

時代になりました。


今の時代のリーダーは

「力持ち」でも「天才君」でも

「情報通」でもなく

「思いを持った人」なのです。



現代の会社では、

「終身雇用」「年功序列」もなくなったのに、

「定年退職」だけは残っている。

毎日、頑張っていても違和感


魂というアプリは毎日アップデートされるのに、
大昔のOSで仕事をしているようなものです。



毎日、頑張っていても、
漠然とした違和感を覚えます。




いつリストラされるかわからない。
昇給も不透明。
年金も健康保険も悲鳴をあげている。



今、まさに……。

「自己肯定感」をみんな求めている時代と
考えることができるかも知れません。


相手の考え方をまず認める


「君の言っていることは正しい」

相手の考え方をまず認める。



そして、その次に

「君の話は納得しました。僕の話も聞いてくれる?」

「自分の思う正しい話」を話してごらんと

アドバイスを受けました。


すると、


今までとは
まったく違う展開になりだしたのです。

プレッシャーに弱い相手を頑張らせたいときのひと言


「頑張らなくてもいいから、マメになる」



マメは「才能」ではなく、
「心がけ」で発動することができます。




「マメ」は漢字で「忠実」と書きます。


マメに始めると大きくて大切な流れと、
あなたのリズムが合い始めるのです。


「努力した人がすべて成功したわけではないが、成功者は皆が努力家だ」


という言葉がありますが、



きっと成功者たちは、


暑苦しい努力家ではなく
マメな人たちだったのです。

まとめ

言葉の意味を知ると物知りになります。
言葉の概念を知ると世界が広がります。

初めは説明するのに長々とかかる話も、
何度も話すことで削がれていき、
短い言葉になっていきます。


少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ