本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

⁡クラフトビール世界一。伊勢から世界へクラフトビールを届ける

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『発酵野朗!⁡世界一のビールを野生酵母でつくる⁡』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

発酵野朗!⁡世界一のビールを野生酵母でつくる

著者 鈴木 成宗


世界で金賞を取ったクラフトビール。⁡


発酵野朗!世界一のビールを野生酵母でつくる⁡
⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡
ざっくりまとめました。⁡

ビールは生きもの


ビールとは

酵母が織りなす「生きもの」だ。



ビールは

数千、数億の
微生物のチカラによって生み出される

酵母採りは虫取りと同じ


私は、新しい「酵母」を求めて

時間があれば
取りにいつまでも出かける。


酵母採りと、聞くと
難しく聞こえるかもしれないが


虫採りと同じだ。


カブトムシがいそうなところに

酵母はいる。



花や腐った果実、木の樹液などに

酵母は存在する。

醸造家(ブルワー)


どんなホップと麦芽を使い


どの酵母を組み合わせるか


そして

それをどう仕込むか

これが
醸造家(ブルワー)の腕のみせどころだ。

ビールの製造工程


カンタンに説明するとこうなる。


①仕込み釜に麦芽とお湯を入れ、
 
 麦汁を作る。


②麦汁にポップを加え煮沸し、
 
 苦みを出す。


③酵母を投入して、寝かせ、
 
 全体になじませる。

社長のスペシャルビール


個性的なビールを作ろうと



社長スペシャル第1号

『ファイブホップ・
 インペリアル・ウィートエール』




商品化したところ

ドライで野生味があると人気になった。

二度と再現できないビール


残念なことにビール酵母に用いた菌は


たくさんの微生物から構成されていて


商品の再現性はなく、

限定商品だけで終った。



要するに
同じものを二度と作れないのである。

やってみようという精神



ノリでつくっているから、
もう二度と同じものはつくれない。




面白そうだから
やってみようという精神は忘れたくない。



おこがましいが、


限定ビールはいつもすぐ完売する。

行動して、失敗して学ぶ、その繰り返し


ビール造りを始めた動機が不純すぎたのか⁡

ここまでの道のは平たんではなかった。⁡



潰れる心配のない老舗の餅屋のせがれ。


二軒茶屋餅⁡

引用元:二軒茶屋角屋本店



「400年以上続いた餅屋をオレの道楽で⁡
潰してしまう」と眠れない日が続いた。⁡

トンネルを抜けたのは


無謀な20代の決断は、⁡


暗黒の30代の入り口だった。⁡


永遠に続くと思われた⁡


トンネルを抜けたのは40代。⁡


起死回生の一発であった。⁡


「世界一のビールの座」を手に入れた。⁡



恐ろしいくらい何も変化が起きなかった。



50代になった今、⁡

ようやく世界のクラフトビールの頂上を⁡
目指せる体制が整いつつある。⁡

伊勢角屋麦酒


・ホームページ

伊勢角屋麦酒


・オンラインショップ

引用元:伊勢角屋麦酒オンラインショップ




伊勢神宮 おかげ横丁

伊勢角屋麦酒内宮前店

引用元:伊勢内宮前おかげ横丁


ビールと鳥羽産の牡蠣をつかった
料理が楽しめます。

まとめ

ビールを完成させるには⁡
失敗の数がモノをいう世界なのだ。⁡

失敗とは、おいしくないビールが⁡
できる方法を知るということだ。⁡


少しでも⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ