本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?⁡ 』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

著者 山岡 道夫
   淺野 忠克


コハダは儲かる。大トロは儲からない。⁡⁡

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書⁡

⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡ざっくりまとめました。⁡

大トロの握りは儲かる?


キミは大トロの握りは儲かると思うかね?


結論から言うと儲からない。


一貫あたりの利益が多くても
儲からないのだよ。

コハダと大トロ


考えるポイントは儲けと資金量だ。⁡⁡
⁡⁡

確かに一貫あたりの利益は⁡⁡
大トロの方が大きいから⁡⁡

⁡⁡
⁡⁡
コハダより儲かるように錯覚する。⁡⁡

資金を回転させる


しかし、⁡⁡
資金量に着目するとコハダに軍配が上がる。⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
それぞれを

購入した資金が、再び現金になる⁡⁡
までの時間が第一のポイントだ。⁡⁡

⁡⁡
⁡⁡
コハダは大トロより、⁡⁡
ずっと短い一日で現金に変わる。⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
少ない資金を繰り返し回転させることで、⁡⁡
たくさん現金を稼ぎ出せる。⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
大トロは売り切るまでに一ヵ月も⁡⁡
かかるから、その間、資金が寝てしまう。⁡⁡

常識をひっくり返したのが回転寿司


「大トロは儲からない」

という常識をひっくり返したのが
回転寿司だ。


クロマグロの大トロであっても
仕入れルートが確保でき
客がどんどん食べれれば
回転速度は速まる。


1本100万円するクロマグロを
1日で売り切ることができたら


資金が滞留する期間

コハダと同じ1日だけだ。


多少、安く売っても
大トロの握りは
儲かる商品に変わる。


これが回転寿司が儲かる
ひみつだ。

会計は「隠し絵」のようなもの

トリックアート:ルビンの壺


この世の中に、

絶対に正しい決算書などは存在しません。


少しだけルールを踏み外せば、
利益は簡単に操作できます。


会計は経営と一体で学ぶことが大切。


会計は「隠し絵」でもあります。
単なる数字の羅列ではありません。


会計資料をじっくり見ると、
不思議な「隠し絵」が浮かび上がってきます。


会計を経営に利用するためには、

「この隠し絵」の存在と
その解読方法を知る必要があります。

まとめ

経営とは会社を潰さないことだ。⁡⁡
そして、経営には会計が不可欠だ。⁡⁡
しかし会計数値を鵜呑みにしてはいけない。⁡⁡

少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ