本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】町田そのこさんの小説『ぎょらん』をざっくり、まとめました。

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『ぎょらん』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

ぎょらん

¥1,307 (2022/04/04 13:41時点 | Amazon調べ)

著者 町田 そのこ



見た目がイクラに似てるから⁡
「ぎょらん」と呼ばれていたんだったか⁡。


ぎょらん⁡

ざっくりまとめしました。 ⁡

6つの連作短編集⁡

・ぎょらん

・夜明けのはて


・冬越しのさくら


・糸を渡す


・あおい落葉


・珠の向こう側



この中から3作ざっくり紹介します。

ぎょらん


昨日、恋人が死んだ

付き合い始めて四年が経つ。







趣味である大型バイクで街を走っていたら
居眠りのトラックと正面衝突したのだという。





事故った場所っていうのが、
自宅からすげえはなれたところでさ。


どうも、浮気相手に
会いに行こうとしてたんじゃないかって話。



彼の骸(むくろ)の一番近くには


私より、いくつか年上の女がいて


それは彼の妻だった。




なあ知ってるか?



あいつの浮気相手って
どうも、うちの会社の子らいしぜ。





上杉くんの尖った声が、心臓に突き刺さった



糸を渡す



私はママのお人形じゃないよ!




気付いた時には、そう言って




母を突き飛ばしていた。

そんなに強い力ではなかったと思うけど。



私がそんな態度に出ると思ってもいなかった

母はよろめいて

べたんと尻もちをついた。





真っ青になった私を見上げてくる
母の瞳に、見たこともない色が宿っていた。



恐怖、絶望、哀しみ、




そんな色の瞳の中にいる自分が見えて
大変なことをしたと思った。




「珠の向こう側」⁡


母が泣いているのを、見たことがない。⁡



子どもや動物が健気に生きていく⁡
ドキュメンタリーを見るときなんかは⁡



盛大に泣く、声をあげて泣く。⁡



私は言いたいのはそうことじゃなくて、⁡



母が己のために泣いているを⁡
見たことがないのだ。⁡





⁡今日も、そうだ。




癌が全身に転移して、⁡

原発巣も分からなくなってしまっていると⁡


告知を受けたのにもかかわらず、⁡





母は「そうですか」

少し哀しそうに⁡言っただけだった。



隣で聞いていた私は、

ただただ茫然としていた。⁡


ふいに涙が湧いた。





「いい加減泣き止みなさいよ。

たった今死ぬわけじゃないんだからさ。

それに、

⁡親が先に死ぬのは自然の摂理でしょうよ」⁡



私は何を見ていたのだろう。





母は永遠に老いず、死なないと


でも思っていたのだろうか。





こんなにはっきりと老いが忍び寄り、


病にむしばまれているというのに。




まとめ

人が死ぬ瞬間に強く願ったことが
小さな赤い珠となって、この世に残る。⁡



少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

¥1,307 (2022/04/04 13:41時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ