本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】⁡ポップ吉村の伝説 ⁡世界のオートバイを変えた「神の手」⁡

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『ポップ吉村の伝説 ⁡世界のオートバイを変えた「神の手」⁡』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

ポップ吉村の伝説 ⁡世界のオートバイを変えた「神の手」

著者 富樫ヨーコ


企業秘密など存在しなかったのである。⁡

ポップ吉村の伝説 ⁡世界のオートバイを変えた「神の手」⁡

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。⁡

技術は隠すものではない


チューニングについて記事を⁡
書いてみないかと持ちかけたのである。⁡


「ああ、いいですよ」と⁡
吉村は二つ返事でこの案を承諾した。⁡


吉村にとって⁡

自分が取得したチューニングの
技術という⁡のは隠すべきものではなかった。⁡



一人でも多くのユーザーが自分の記事を⁡
ヒントにマシンを優れたものに改造
して⁡


⁡レースを楽しんでくれたら、
レースのレベルアップやモーターサイクルスポーツの促進する。⁡


技術を隠して自分一人だけのものとし、⁡

自分だけが優勢を見せつけるという考えは⁡

はなから吉村の頭の中にはなかった。⁡

吉村のチューニングしたマシン


日本グランプリを観戦に来ていた。

本田宗一郎(HONDA創業者)
目に止まったのである。


研究所が直接走らせているマシンより

吉村のチューンした
CB72の方が速いことに驚いた。


それが

吉村のチューニングしたマシンだと分かると
本田は一度、研究所で馬力を計らせてもらうよう

頼めと言った。


ヨシムラ・チューンのCB72は
ストレートで圧倒的に速かったので


根っからの技術屋だった
本田としても
エンジンの中身を知りたかったのだろう。

目の上のたんこぶ


感心してばかりいれない者もいた。

研究所の上層部の人間は

本田宗一郎に
こっぴどく𠮟られたのである。


この時から研究所の中には


吉村のことを
目の上のたんこぶのように
思う者が出てきた。


このため吉村が

必要なパーツを頼んでも、それまでのように
スムーズな対応が取れなくなったのである。

1983年の8耐


1983年の8耐に関してヨシムラは
ヨシムラ・モリワキのマシンを投入した


吉村秀雄が森脇護の製作した
フレームを使用することにした。


七海子は
夫・森脇のフレームを父・吉村秀雄
採用するということは


森脇が認めてもらったということだと、
とても喜んだのである。

ヨシムラ・モリワキ 親子合作マシン

引用元:Wedオートバイ


ヨシムラ・モリワキの合作車GSX1000

83年型ヨシムラGSXは


モリワキフレーム
ヨシムラチューンのエンジン


を積む親子合作車。

ヨシムラジャパン

モリワキエンジニアリング

まとめ

私たちのように戦争を経験していない⁡
世代には分からない過酷な体験、それを⁡
乗り越えてきた。⁡

吉村さんの執念と情熱は、レースの世界で「子供たち」に受け継がれている。⁡


少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ