本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術

著者 黒田 悠介


多くの人はやりたいこがハッキリしていない。
だから、やりたいことがなくても
焦る必要はありません。


ライフピボット

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。 ⁡

インターネットの発展の弊害


現代ではインターネットの発展によって
世界が広くなったように思うかもしれませんが、


実際には自分好みの情報が集まり、
タコツボ化しています。


また、COVID-19の影響でオンラインでの
面会やイベントが増えていますが、

それによって

雑談が減っていることを
懸念する声があります。






雑談には、

本来偶然性があったのですが、
それがオンラインになり減ってしまったのです。


三つの行動原理まとめ

1.やってみよう


やる前に悩むより
「やってから考える」くらいでいい。



小さな行動から変えてみる。



行動することで、
よりポジティブな偶然が舞い込みやすくなる。



六つのアクションを試してみる。

2.小さな改善を積み重ねる


振り返りをする。



ラーニングゾーンで改善を重ねることで、
三つの蓄積を貯めやすくなる。

3.ギブしよう


見返りを求めず、
自分からギブすることが重要。



自分にとってささいなギブが、
相手にとっては大きな意味を持つ。

酸いも甘いも飲み込む


ネガティブなことポジティブなことも、
すべてはひとしく「経験」です。




酸いも甘いも飲み込んで、
自分の血肉にすればよいのです。




何が起きても、そこから学び取り、
未来につなげる発想を
忘れないでいることが大切です

まとめ

わたしたちは「100年生きるかもしれないし、明日死ぬかもしれない」。


もし仮に、先送りにしているうちに
死んでしまったら、その人生は

未完成で終わってしまい、
死に間際に後悔するかもしれません。


少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ