本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】むき出し⁡

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。


このブログでは書籍


『むき出し⁡』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

むき出し⁡

¥1,760 (2022/05/13 16:17時点 | Amazon調べ)

著者 兼近 大樹  EXIT(イグジット)


人を笑わせる毎日って楽しそうだよな。⁡


むき出し⁡

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。 ⁡

混ぜるな危険


なぁ、一度そっちに走り出したんだからさ、
最後まで裏の世界で生きてくれ。



表に出てくるな。

色が違うんだよ。


俺色に染まる人間を生みたくない。



混ぜるな危険。
世界は隔たれているんだ。




「飯だ」

小窓から看守が弁当を入れる。

ふざけんじゃねえねよ


ここ最近、同世代で活躍している人が
テレビに映ると、見ないようにしていた。


なんとか王子とかクソ。


生まれた環境が良くて、

親がお金持ちで、

何の苦労も知らないで成功して、



祭り上げられて
ふざけんじゃねえねよ。


努力?才能?

誰が教えてくれた?

その道具はどうした?



現実を知らんねえで

楽しんでんじゃねぇ。



こんな奴らが楽しく生きてる世界が気持ち悪い。

誰かが教えてくれていた


斉藤の家の倉庫で後悔したことを⁡

もう忘れていた。⁡



今までも何度かあった。

何度も何度も振り返るチャンスはあったと思う。⁡



後悔しては、神様に頼り、

反省しては、忘れていた。


昔からどっかで誰かが教えてくれていた。⁡


「暴力はいけません」⁡
「相手の気持ちを考えよう」⁡
「人に優しくしましょう」⁡



ふざけた洗脳じゃなかったんだ。⁡



俺のために教えてくれていたのか?⁡



殴った相手が色んなことを抱えて生きている


すげぇヤツだなんて、考えたことなかった。⁡


俺が今まで殴ってきた相手、その家族のことも想像する。⁡



調子こいている奴は気に入らない。って、

俺と同じように、

調子こいてる理由があったのかな。

東京の夜空


「すいません、ここで降ります」

家のから少し離れた場所で降ろしてもらった。



歩道橋を一段飛ばしで上がり、

丁度上りきった辺りで

背後から突然声をかけられた。



「石山さんですね?」


不自然な声のハリに緊張して振り返ると、
不気味に微笑む男達が4人ほど立っている。


カメラのレンズが鈍く光り、
俺だけを見ていた。



「週刊文春です!何の件かわかりますか?」



自信の過去のことだと確信した。

まとめ

こんなに迷惑かけ続けて生きていいのかよ。⁡
でも、俺はまだ生きたいと思っている。⁡

人を羨むな。今を恨むな。⁡
自分にあるモノを数えろ。⁡


少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

¥1,760 (2022/05/13 16:17時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ