本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【最強の睡眠】寝貯めはダメ、15分の昼寝でスッキリ快適な時間に変わる

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍



『最強の睡眠』を



ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

最強の睡眠 世界の最新論文と450年企業経営者による実践でついにわかった

著者 西川 ユカコ



最強の睡眠

ざっくりまとめました。

インチキ睡眠法に騙されるな


どこでも眠れる人は気絶状態で寝ている。


・「週末に寝だめ」が時差ボケを引き起こす。


・日光不足が睡眠をダメにする。


・35歳から深い睡眠が減る。


・最初の3時間が勝負。


・昼寝は15時まで




ゴールデンタイム


睡眠のゴールデンタイム

22時〜深夜2時と言うのは都市伝説。







何時に寝ても成長ホルモンは


最初の3時間に最も出る。

ベストな睡眠時間


睡眠時間は

7〜9時間がベスト。



6時間未満でも10時間超でも

脳や健康に悪い影響を与える。

睡眠負債を返済する3つの解決策


平日はいつもより30分早く寝る


休日を特別扱いしない


休日の寝坊は平日の起床時間+2時間まで。

昼寝をうまく利用する 

平日は12時~15時までの間 

    15~20分 


休日は12時~15時までの間 

   最長1時間半まで



スマホに自分の睡眠の主導権
渡してしまっていませんか?


夜にスマホの

ブルーライト画面を見るのは大NG!

・睡眠ホルモンが減る。

・睡眠の質に悪影響を及ぼすリスクが上がる。



寝付くためにお酒を飲む 


短時間で眠りに落ちるけど

アルコールの分解作業によって

眠りが浅くなる。




舌の筋肉が狭くなり

酸素を十分取り込めなくなる。

休日の寝だめNG


平日の寝不足を休日で解消しようとする


普段の生活リズムとの「時差」が出てしまう。


時差ボケの状態になり体調はよくならない


人生の質を高める


限られた時間の中で

いかに高いパフォーマンスを発揮して過ごすか

ということは

私たちの人生の質そのものを左右する

まとめ

睡眠負債を返済していくこと。
睡眠の質を上げること。

睡眠の質を上げる方法が
たくさん載ってますので
是非、本書を読んで見て下さい。



少しでも
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ