本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

【本の要約】世界一やさしい海外移住の教科書

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『世界一やさしい海外移住の教科書』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

世界一やさしい海外移住の教科書

著者 Zizi


言葉が通じなくても伝わってくる現地の方々の温かみ。



世界一やさしい海外移住の教科書

⁡⁡⁡ざっくりまとめました。 ⁡

もし仮に0から永住権を目指すとしたら


① 留学資金を貯めつつ基本的な英語勉強をする。


② フィリピンやマルタなど3カ月ほど
 英語留学し語学の不安をなくす。


③ 「学生ビザ」で大学に入学、もしくは
ワーキングホリデービザで現地でバイトをする。


④ 卒業後、就職先を見つけて
 「学生ビザ」から「就労ビザ」に切り替える。


⑤ 数年滞在して「永住権」の申請を取得する。

ワーキングホリデービザ


簡単に言うと、



18歳から30歳までの

若者を対象としたビザで




英語の勉強や海外での就労経験など、

1年間その国で働きながら

自由に海外生活ができる若者の特権です。

海外移住に必要な10こと

  1. パスポート
  2. ビザ
  3. 予防接種
  4. 海外転出届
  5. 運転免許証
  6. 国際運転免許証更新
  7. 国際電話アプリ
  8. クレジットカード
  9. 海外旅行保険
  10. スマートフォン


多様な価値観


日本は
「こうあるべき」という自分の考え方を、


他人に対して
「こうあるべき」と押し付ける人が多い
ので、


今後は本書で登場した
日本人のように多様な価値観が認められる。
受け入れる。

日本社会になればいいなと心から願っています。

世界には色々な人がいて当然


海外に出れば、年齢や偏差値なんか
誰も気にしませんし。


初対面で聞かれることは
ほとんどありません。



世界には色々な人がいて当然なんです。




結局、こういった価値観の押し付けに疲弊した
日本人が海外で生活しているのだと思います。

まとめ

幸運なことに日本人のパスポートは
世界最強でビザ不要で渡航できる国は
全部で191ヵ国にも及び、

世界のほとんどの
国にビザなし渡航が可能なんです。


少しでも⁡
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)⁡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ