本のエッセンスをカジュアルに楽しめる、要約コンテンツ

人の気持ちをつかむ!読ませるための文章術

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
しもやん(@shimoyan0101)です。

このブログでは書籍


『「読ませる」ための文章センスが身につく本 ⁡』を


ギュッとまとめて紹介しています。

もくじ

「読ませる」ための文章センスが身につく本

著者 奥野宣之

目標は「小学生でもわかる」文章。⁡

「読ませる」ための文章センスが身につく本 ⁡

ざっくりまとめました。⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡ ⁡⁡⁡⁡

文章の負荷を軽くする


例えば…⁡

「脆弱性(ぜいじゃく)」
→「もろさ」「弱点」⁡

「守秘義務がある」
→「秘密を守らないければならない」⁡

人間には、覚えたての難しい言葉や、

専門的な言葉を使いたがる困ったクセがあります。⁡

「小学生でもわかる文章」の感覚を⁡身につける


「小学生でもわかる文章」の感覚を⁡
身につけるには『児童書を読む』。⁡

→小学生向けの⁡

「経済のしくみ」

「お金とは何か」
「裁判所って何?」

などのたぐいの本を読む。⁡


「小学生にもわかる文章」に触れることができるし、
知識の穴を埋めることができる。⁡


一石二鳥です。⁡

文章において⁡
「やさしすぎて迷惑」ということはない。⁡


わかりやすくて無駄のない、
児童書は『読ませる文章』の理想的なモデルです。⁡

『文章の負荷を下げる』⁡

ひらがなが多め


文章に漢字を多用すると、

パッと見て厳しい印象になります。




漢字をひらいて、ひらがなが多め

なるように心掛けてみてください。

人の気持ちをつかむためには


人の気持ちをつかむためには

心配や不安を乗り越えて

半ば強引にでも

自身を持って

書かなければならない。

断言して文章 をまとめる


「断言調」にする。

思い切って言い切ってみる。

潔く、断言して文章を

まとめていけば


不思議と説得力が生まれます。

ボカシ言葉


「ボカシ言葉」を使ってしまうと

文章は少しずつ何が言いたいのか

つかみにくい
ボンヤリとしたもの

になっていきます。

【ボカシ言葉・・・例】

「ようです」 「と思います」
「ではないか」 「など」
「とか」 「だろう」
「ような」 「かもしれない」


など

ストレートに書く


小細工はせず、言いたいことを

ストレートに書いた方が伝わる。

言葉のスゴイところは

無名の人が書いたものでも

共感や反感を呼べば

世間に影響を与えることがある。

深読み中毒


現代人は『深読み中毒』


簡素でドライな文体のほうが伝わる。

まとめ

「ツヤのある文章」の書き方、読みやすい文章を書くときのポイントをまとめた本となっています。⁡

少しでも
興味を持ってもらえれば嬉しいです(^^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ